Algorithmic Couture α

Algorithmic Couture αは、無駄な廃棄を削減した型紙を自動生成し、伝統的なオートクチュール文化をデジタル化することを目的としたプロジェクトです。ファッションデザイナー、マシンラーニング・エンジニア、デジタルファブリケーション・スペシャリストのコラボレーションを通して、より解放的で持続可能な未来のために、ファッションの生産システムを更新することを目指しています。

このプロジェクトは3つの意味において社会に影響を与えると考えています:
(1)持続可能性:衣服の設計時に排出される布帛の廃棄をアルゴリズムによってゼロにします。
(2)デジタル化:伝統的なオートクチュールの手作業を継承しつつ自動化を試みます。
(3)カスタマイゼーション:ユーザの3Dデータをパラメトリックに変形させるシステムを用いて一点物の衣服を提供します。

  • Year: 2019
  • Credit:
  • プロジェクトリード: 川崎和也(Synflux)
  • デザインリード: 佐野虎太郎(Synflux)
  • アルゴリズミックデザイン: 藤平祐輔(Archiroid)
  • テクニカルサポート: 清水快
  • アドバイザー: 水野大二郎(京都工芸繊維大学)
  • 映像: 米山智輝
  • カメラアシスタント: 端山智之
  • モデル: 大渕珠美
  • 音楽: 田中堅大
  • 写真: 米山智輝